神戸市の生活保護受給者も入れる老人ホーム・介護施設10選

神戸市の生活保護受給者の方で、老人ホームに入れるか不安に思っている方はいませんか?

もちろん大丈夫!生活保護を受けていても老人ホームに入居でき、快適な老後を過ごすことができます!

神戸市には生活保護受給者を受け入れてる介護施設がいくつかあり、費用面でも安心して入居可能です。

この記事では、老人ホームの種類や選び方をはじめ、神戸市の生活保護受給者でも受け入れ可能な有料老人ホームをまとめました。

以下の神戸市の生活保護受け入れ施設の一覧から気になる施設を探して、まずは資料請求してみましょう。

神戸市の生活保護受け入れ可な老人ホームの料金相場

  一時入居金(万円)の範囲 月額費用(万円)の範囲
神戸市の相場 0.0 ~ 30.0 4.0 ~ 14.7

※ みんなの介護に記載されてる、神戸市の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホームの平均値から算出して記載しています。

※ 生活保護受給者に対して減額などの対応を行っている施設もあります、詳細は各施設の資料請求をして確認してください。

神戸市にある生活保護受け入れ可の老人ホームを比較

施設名 施設のタイプ 生活保護受け入れ可 月額費用 入居一時金 公式サイト
シルバーホームサンライズ 高齢者向け住宅 4万円~6万円 30万円 公式サイト
楽園ハイツ弐番館 高齢者向け住宅 7万7240円 0円 公式サイト
ともしあの家 みなとがわ 高齢者向け住宅 9万9800円~13万9800円 5万円 公式サイト
ゆうとぴ庵西神戸 グループホーム 12万8000円 0円 公式サイト
アサガオの家 サービス付き高齢者向け住宅 5万9800円~9万9800円 5万円 公式サイト
うるおいの家 サービス付き高齢者向け住宅 5万9800円~9万9800円 5万円 公式サイト
かりんの家 玉津 高齢者向け住宅 5万9800円~9万9800円 5万円 公式サイト
グループホーム つつじの丘 グループホーム 10万4000円 0円 公式サイト
サルビア倶楽部雲雀ヶ丘 サービス付き高齢者向け住宅 11万円~14万7000円 10万円 公式サイト
グリーンウェル花山 グループホーム 14万1000円 0円 公式サイト

※月額費用については生活保護受け入れ可能な施設の場合、減額などをしてくれる場合があります

資料請求にて詳細を確認してください

神戸市の安くておススメの生活保護受け入れ可の老人ホーム10選!

シルバーホームサンライズ

項目 詳細
入居時費用 30万円
月額費用 4万円~6万円
住所 兵庫県神戸市垂水区潮見が丘1丁目6-26
住宅のタイプ 高齢者向け住宅
施設の特徴 ​交通の便も良く、駅の周辺にはスーパー、コンビニなどのお店が多数ありお買い物も便利です。

ホームヘルプサービス併設しており介護レベルが重くなっても安心して生活できます。ご希望の方には配食のサービスが受けられます。



楽園ハイツ弐番館

項目 詳細
入居時費用 0円
月額費用 7万7240円
住所 兵庫県神戸市西区池上1-2-16
住宅のタイプ 高齢者向け住宅
施設の特徴 楽園ハイツではご入居者様の身体状況やご希望に合わせた豊富な選択肢をご用意しております。

飲み込みが上手くできない方であればきざみ/とろみ食、栄養制限やアレルギーのある方には治療食やアレルギー食に対応できる体制を整えております。



ともしあの家 みなとがわ

項目 詳細
入居時費用 5万円
月額費用 9万9800円~13万9800円
住所 兵庫県神戸市兵庫区湊川町3-9-6
住宅のタイプ 高齢者向け住宅
施設の特徴 ご入居者様が一緒に食事をとれる場で、窓が多くとても明るい空間となっております。毎食各階から集っていただき、ゆったりと召し上がっていただけます。朝、昼、夜の三食を厨房内で調理・盛付けして温かいうちにご提供いたします。



ゆうとぴ庵西神戸

項目 詳細
入居時費用 0円
月額費用 12万8000円
住所 兵庫県神戸市長田区長尾町2-13-14
住宅のタイプ グループホーム
施設の特徴 ゆうとぴ庵では、20代~60代の幅広い年代のスタッフが働いており、それぞれが個性、キャリアを活かしながら、働いています。ご自身の子供の世代から孫の世代まで、まるで家族のような生活が送れます。

3対1の「ゆとりの介護」を提供させて頂いています。日々の生活の流れの中で、利用者様のニーズに寄り添った介護を目指しています。



アサガオの家

項目 詳細
入居時費用 5万円
月額費用 5万9800円~9万9800円
住所 兵庫県神戸市須磨区車下仏坂851-2
住宅のタイプ サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 全室個室で、ぞれぞれのご入居者様の生活が守られています。車いす対応のトイレや洗面所付きなので、介護度の高い方もオムツに頼らない生活を長く続けていただけるでしょう。エアコンと防火カーテン以外の家具や家電、装飾品は付いておりませんので、ご愛用品をお持ち込みください。



うるおいの家

項目 詳細
入居時費用 5万円
月額費用 5万9800円~9万9800円
住所 兵庫県神戸市西区伊川谷町潤和字1286番1
住宅のタイプ サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 24時間体制で介護の資格を持ったスタッフが常駐し、ご入居者様の安否確認を行い、夜間も館内の巡回を3時間おきに行っております。居室は個室ですが、体調が悪くなった場合には緊急通報装置を使用し、お部屋を出ることなくスタッフに助けを求めることができるので安心です。



かりんの家 玉津

項目 詳細
入居時費用 5万円
月額費用 5万9800円~9万9800円
住所 兵庫県神戸市西区玉津町今津366番地8
住宅のタイプ 高齢者向け住宅
施設の特徴 館内には共有のキッチンがあり、料理をすることができます。外食やデリバリーも自由にお楽しみください。ご希望の方にお食事サービスをご紹介いたしますので、料理が苦手な方や難しい方も負担少なく暮らしていただけます。通常のお食事を食べることができない方にも対応できるよう、一口サイズ、刻み食、ミキサー食、ムース食、各種治療食にも対応しております。



グループホーム つつじの丘

項目 詳細
入居時費用 0円
月額費用 10万4000円
住所 兵庫県神戸市西区岩岡町岩岡654-284
住宅のタイプ グループホーム
施設の特徴 介護スタッフが24時間365日常駐。入居者様ひとりひとりに応じた個別介護計画を作成し、その方にあった介護サービスを提供しております。定員は18人と少人数なので、入居者様がゆったりと暮らすことができます。ご家族の要望をできるだけ取り入れながら、入居者様やご家族、ホーム内スタッフが一体となって、その人らしい穏やかな日常生活が送れるように支援いたします。



サルビア倶楽部雲雀ヶ丘

項目 詳細
入居時費用 10万円
月額費用 11万円~14万7000円
住所 兵庫県神戸市長田区雲雀ヶ丘3丁目8番23号
住宅のタイプ サービス付き高齢者向け住宅
施設の特徴 館内には共用キッチンもあり、自炊もできる当施設では、ご希望の入居者様に対して毎日3食のお食事をご用意しています。栄養バランスをしっかりと考えた上でお作りしている食事の献立は、季節感も取り入れた内容となるよう心がけ、皆様の暮らしに豊かさと食べる楽しみを運んでいます。



グリーンウェル花山

項目 詳細
入居時費用 0円
月額費用 14万1000円
住所 兵庫県神戸市長田区花山町1-5-5
住宅のタイプ グループホーム
施設の特徴 ホームの生活はあくまで入居者様の暮らしの延長にあると考えています

ご自身で出来ることはしていただき、私たちは見守りながら出来ないことのお手伝い

入居者様ご自身でしていただくことで刺激になり、身体機能の維持・向上へと繋げ、日常生活を通して生活リハビリを行います



・神戸市にある生活保護受給者受け入れのおすすめ老人ホーム3選!

施設名 楽園ハイツ弐番館 ゆうとぴ庵西神戸 グループホーム つつじの丘
入居金 0円 0円 0円
月額料金 7万7240円 12万8000円 10万4000円
住所 兵庫県神戸市西区池上1-2-16 兵庫県神戸市長田区長尾町2-13-14 兵庫県神戸市西区岩岡町岩岡654-284
公式サイト 空けておいてください 空けておいてください 空けておいてください

生活保護受給者向け老人ホームを選ぶ際の3つのポイント

老人ホームを選ぶ際、検討すべき基本項目は以下の通りです。

1:生活保護受給者受け入れ可能な老人ホームを選ぶ

2:老人ホームのタイプと入居条件を確認

3:負担する費用(入居一時金・月額利用料)

 1:生活保護受給者受け入れ可能な老人ホームを選ぶ

あまり知られていませんが、生活保護受給者を積極的に受け入れてる介護施設が神戸市にはいくつかあります。

個室があったり、月額費用の減額や入居一時金を免除してくれるなど、生活保護受給者に配慮した施設もいくつかあります。

このような施設を選ぶと費用面の心配もなく、手続きもスムーズに対応してもらえます。

以下に神戸市の生活保護受給者受け入れ可能な老人ホーム一覧をまとめたので気になる施設があれば、まずは施設の資料請求をして詳細を確認してみましょう。

 2:老人ホームのタイプと入居条件を確認

神戸市の生活保護受給者でも入れる老人ホームには公的施設と民間施設があります。それぞれの施設の種類と入居条件が以下になります

・特別養護老人ホーム(特養)

介護などで自宅での生活が困難になったときに利用する施設です。

[入居条件]原則、要介護3以上で65歳以上の高齢者。

・介護付き有料老人ホーム

24時間体制で介護を受けられる民間の老人ホームです。

[入居条件]要介護1以上(介護専用型)で65歳以上の高齢者。

・住宅型有料老人ホーム

自立した健康な方、要介護度の軽い高齢者向けの老人ホームです。

[入居条件]多くの施設は60~65歳以上の高齢者で、自立から要介護度の軽い方が対象。

・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)

自立した健康な方、要介護度が軽い高齢者向けの賃貸住宅です。

[入居条件]60歳以上の高齢者で、原則自立または軽度の介護を要する方。

・グループホーム

認知症の高齢者が少人数で暮らす小規模施設です。

[入居条件]要支援2、要介護1以上の認知症の高齢者で、共同生活を送るのに支障のない方。施設のある市区町村に住民票があること。

3:入居時の費用負担を確認する

候補施設の「入居一時金」や「月額利用料」を確かめたうえで、施設の費用負担が生活保護の支給限度額を超えないか確かめましょう。

施設の費用負担には地域差があります。一般的に東京などの都市部は地方に比べて高い傾向にあります。

広域に渡って施設を探す場合、生活保護の支給限度額が自治体により異なるため、施設が立地する自治体の支給限度額を確認しましょう。

神戸市で生活保護受け入れ可老人ホームに関する疑問と回答

Q1:生活保護者は老人ホームに入れますか?

生活保護者でも、老人ホームに入れます。

なぜなら、老人ホームでかかる費用は、生活保護の「住宅扶助」「生活扶助」「介護扶助」「医療扶助」を利用することでまかなえます。

また、施設選びの際は、生活保護に対応する施設であることを必ず確かめましょう。

≫≫  神戸市の生活保護でも入居可能な老人ホーム一覧へ

Q2:生活保護で老人ホームに入る初期費用はいくらですか?

老人ホームの初期費用とは「入居一時金」のことです。入居一時金の額は0円から数百万円など、施設によりさまざまです。

生活保護者の場合、入居一時金は生活保護の住宅扶助から支払われます。ただし、支給限度額を超えないように注意しましょう。

もし超えてしまった場合には、ケースワーカーやケアマネジャーと相談のうえ、施設側との減額交渉または親族に補てんを求めるなどの対応が必要です。

Q3:生活保護で持ち家でも老人ホームに入れる?

生活保護者でも老人ホームに入れます。また、持ち家でも老人ホームに入れます。したがって、生活保護者で持ち家でも老人ホームへの入所は可能です。

注意点として、持ち家があることで、税金や維持・管理の費用がかかるため、施設入所の際は、家の売却または貸出しなどを検討してみましょう。

Q4:生活保護の施設入所者の最低生活費はいくらですか?

生活保護者が施設に入所していても、自宅で暮らしていても、最低生活費の額に変わりありません。

最低生活費から収入(年金など)を差し引いた差額が保護費として支給されます。

ただし、最低生活費は自治体により異なるため、遠方の施設に入居の際は、施設が立地する自治体の最低生活費を確認することが大切です。

Q5: 生活保護で老人ホームに入る場合の月額費用はいくらですか?

生活保護で老人ホームに入る場合の月額費用は施設によりさまざまです。

生活保護者の場合、月額費用は生活保護の住宅扶助や生活扶助などから支払われます。ただし、受給額には上限があるため、候補施設の費用負担が受給額の範囲内に納まるか確かめましょう。

Q6:生活保護で施設に入れますか?

生活保護を受けていても、施設に入れます。

入居時の費用は、生活保護の住宅扶助や生活扶助などから支払われます。ただし、費用負担額が支給限度額を超えないように注意しましょう。

また、施設選びの際、生活保護者に対応する施設であるかを必ず確かめましょう。

Q7:生活保護で老人ホームに入る場合、初期費用は必要ですか?

生活保護で老人ホームに入る場合、初期費用は必要です。

老人ホームの初期費用とは「入居一時金」のことです。生活保護者が老人ホームに入る場合、入居一時金は生活保護の住宅扶助から支払われます。

また、施設によっては、入居一時金を取らない施設もあるため、施設選びの際は、入居一時金0円の施設にも注目しましょう。

Q8:生活保護を受けながら老人ホームに入ることは可能?

生活保護を受けながら老人ホームに入ることは可能です。

生活保護者を受け入れている老人ホームがあるので、老人ホームを選ぶ際は、生活保護者に対応する施設を選ぶことになります。

また、老人ホームの費用を負担できない場合には、生活保護の「住宅扶助」「生活扶助」「介護扶助」「医療扶助」を、基準額の範囲内で利用して費用をまかなえます。

Q9:生活保護でも入居できる老人ホームはありますか?

生活保護でも入居できる老人ホームはあります。

生活保護者を積極的に受け入れている施設があり、施設全体の3割ほどが生活保護者に対応しています。老人ホームを選ぶ際は、生活保護者に対応する施設を探しましょう。

老人ホームの費用は、生活保護の「住宅扶助」「生活扶助」「介護扶助」「医療扶助」を、基準額の範囲内で利用して費用をまかなえます。